ハッピーメールでLINEをゲットするタイミングと方法

ハッピーメールの男性会員のメッセージ送信は1通につき5P消費=50円です(※1通100円以上取る出会い系アプリもたくさんあります。ボッタクリの悪質サイトです。要注意です!)

そうは言っても有料でメッセージ交換をすっと続けるのはキツいですよね。

できるだけ早めにコストをかけないで出会うためには、LINE(ライン)や直メールなど、サイト外での連絡先を早めに聞き出して無料でやり取りするのが理想です。

それに直でのやりとりへの移動は、小遣い稼ぎ目的の女、いわゆるキャッシュバッカーやリアルで会う気持ちがない、暇つぶしの利用者を見抜くことができます。

管理人
ハッピーメールなどの出会い系やマッチングアプリ初心者が難しく感じることが、LINE交換のタイミングとその方法だと思います。

ハッピーメールでLINEをなぜゲットする必要がある?

初めに「なんで出会い系でプライベートな連絡先を聞くのか」といえば以下の理由があるからです。

  1. サイト内のやり取りはお金がかかる
  2. 会員の見極めができる
  3. やり取りが簡単

サイト内のやり取りはお金がかかるから

いわゆる「出会い系サイト」はポイント制です。基本的にサイト内のメッセージのやり取りにはポイント(料金)が必要です。

やり取りを長く続ければそれだけポイントを消費します。そのため、なるべく早めにサイト外でのやり取りに移行することで費用を節約することができるからです。

会員の見極めができる

サクラというよりもこの場合はCB(キャッシュバッカー)対策になりますが、延々とメッセージのやり取りをサイト内で行おうとする女性がいます。その女性を避けるためです。

メールをすればするほどポイント(お金)が減っていくのを防ぐとともに、なかなか連絡先を教えてくれない女性とは切り上げるためにも役立ちます。お金の節約とともに連絡先の交換をする気のないCBを切って女性を選定する目的もあります。

やり取りが簡単だから

あとは単純に普段使っているラインがやり取りが簡単だからです。

今のご時世、スマホを使っている人でLINEを入れていない人はほぼいないと思います。普段から使い慣れたアプリは使うのも楽だし、わざわざ出会い系サイトにログインする必要もなく、素早くやり取りやメッセージの確認ができるようになるからです。

ハッピーメールでLINEをゲットするけど連絡先は教えても大丈夫?

出会い系サイトはサイト側がパトロールをするなどのサクラ対策は熱心にしていますが、取り締まりにかかる時間を考えれば、一時的にサクラが存在している時間はあります。完全にゼロということはありません。

そのため、連絡先を教えた相手がサクラやアドレス回収業者であれば悪用されてしまう危険性があります。

メッセージのやり取りを始めてすぐ連絡先の交換を提案してくるような女性でもない限りは心配はいらないと思います。万が一のことを考えた場合はプライベート用のアカウントとは別の出会い系サイト用のラインを使ったり、代用としてカカオトークを使うことをおすすめします。

LINEなどの普段使っているメッセージアプリを使うのは便利な反面、リスクがゼロではなく出会い系用のラインやカカオなどの連絡先を持つのも一つの対策になります。

ハッピーメールでLINEゲットはタイミングを計って聞き出す

出会い系でプライベートな連絡先を聞き出すテクニックはタイミングです。タイミングを間違わなければどんな聞き方をしても、どんな理由であっても教えてくれるます。

タイミングは、「何通目」というよりも「聞き出せる切りの良いタイミング」で聞くことが重要です。

そのため、まずは聞き出しやすい関係を作ることが重要です。

具体的には

・信頼関係を築いて聞く

・話の流れで聞く

 

信頼関係を築いてから聞く

メッセージを丁寧にやり取りして、ゆっくりと関係を築いてから聞く方法です。時間はかかりますが信頼関係さえ築くことができれば高確率で連絡先を聞き出すことができます。

話の流れで聞く

話が盛り上がり、一段落ついたところで聞く方法です。この時のあなたの好印象です。女性のガードも下がっています。話が盛り上がっている時にその流れで聞いてしまうと上手くいきやすいです。

連絡先ゲットの成功を左右するのは「信頼関係」「ノリ」です。丁寧に信頼関係を築いてから聞くか、話が盛り上がってその流れで一気に攻めるかです。

そもそもあなたのプロフィールを見てメールを返信してきているので、あなたに興味があることは確かです。少しのメールのやり取りでも聞き出しは可能です。わずか数通のメールのやり取りの中で直感で可か不可かを判断しているだけです。

会う直前に聞くのはどうなの?
「会うことが決まった後」や「会ってからラインは教えるね」みたいなことを言う女性もいますが、これはかなりリスクがあります。相手がCBではない保証もないですから、そこまで待っていては、かなりのお金も時間も使います。ハイリスクです。聞き出すタイミングを後ろにズラせばズラすほど、女性は安心するので、聞き出しやすくなりますが、その分教えてもらえなかったときのダメージも大きくなるので注意が必要です。

ハッピーメールでLINEゲットの方法

聞き出しかたの例を挙げていきます。

当たり前のように聞く

よかったらラインでやり取りしませんか?

連絡先は「直メール(メールアドレス)」や「ライン」「カカオトーク」でOKです。タイミングさえ間違わなければストレートに提案すればOKです。

理由をつけて聞く

「もっとたくさん話したいから、よかったらラインしませんか?」

「ポイントを気にしないでメールしたいので、よかったらラインしませんか?」

「サイト経由だと面倒だからラインしませんか?」

理由はないよりはあった方が相手も応じてくれやすいです。理由があると相手も教えやすい、断ると罪悪感を感じるということです。そのため、何か思いつく理由を付けて聞き出します。話が盛り上がっているのであれば「もっと話がしたいから」がベストですね。

 

ハッピーメールでLINEの交換を断られた場合の対処法

連絡先の交換を打診をしても断られることはあります。最悪なのはそこで音信不通になってしまうことです。

断られてしまった場合にどうするればいいかと言うと

  • サイト内でやり取りを続ける
  • 諦める
  • 粘る
  • 再度タイミングをみて聞く

正直なところ「ヤリモク」で出会い系を使うなら断られた時点でその女性は切ってしまった方がいいです。

いつまでもサイト内でメールを続けるのは、お金も時間も無駄になる可能性が高いです。セフレ目的なら他の女性を当たった方が手っ取り早いと思います。

「遅くても10通目までには聞き出す」といったルールを作って、それでダメなら他を当たりましょう。

どうしても気になる女性であればもう少しだけメールを続けて、「一度お会いしませんか?」と会う約束を取り付けて「会う直前に聞いてみる」このように動いてみるのがおすすめです。

ハッピーメールの女性が連絡先の交換を断る理由

タイミングを見計らって、連絡先の交換を打診したのであれば、そうそう断られることはありません。

それでも断られてしまうのであれば「連絡先の交換を急ぎ過ぎている」か「女性が交換に不安を感じている」かです。

メールを始めてすぐに交換を打診するのは、余程警戒心が低い女性くらいしか交換には応じてくれません。それ以外のタイミングで断られたのであれば、女性がまだあなたのことを信頼していないからです。

知り合って、よく相手を知らない状態でプライベートな連絡先を教えることに不安を感じるのは普通のことです。そんなときに連絡先交換を打診すれば断られるのが当然といえます。

断られないためにタイミングを狙ったり、急ぎ過ぎないこともスムーズに連絡先をゲットするには大切なことです。

信頼を得るまでは、急ぎ過ぎないようなベストなタイミングを見て聞き出すようにすることで断られることは少なくなります。

ハッピーメールでセフレ作りなら一人の女性にこだわり過ぎない

会話の流れや話の盛り上がりよってタイミングは変わってきますが、自分なりのタイミングは決めておくとパターン化もできてわかりやすいです。セフレ作りは恋人作りとは違ってドライです。一人の女性に拘り過ぎないで、目安として「5通目」まで「時間をかけても10通目」までには聞き出す。そんな目安を作ってもいいと思います。

【例】

  • 5通目迄には、一度ラインの交換を打診する
  • 長くても10通目まで

こんな自分のルールを決めてしまえば。連絡先の交換を断られても意外と引きずることはありません。

 

ハッピーメールでLINEゲット:まとめ

連絡先を聞き出すために大切なことはタイミングです。

恋人を作ろうとしているわけではないので、あまり一人にこだわるのはコスパが良くないです。数通メールのやり取りをしたら、連絡先を聞いてみるようにするといいでしょう。

セフレ作りのコツは一人にこだわらず、とにかく「数を打つ」ことです。アプローチを増やしていくことです。数多くアプローチしていれば、セフレにしやすい女に巡り合えます。そんな女を探していくのが出会い系での必勝パターンです!

 

-ハッピーメール攻略法